CLASS-A BLOG

2024.01.29更新

裏側矯正

こんにちは。
沖縄県那覇市久茂地ゆいレール「県庁前駅」から徒歩1分、
歯並び矯正とホワイトンング・クリーニングの専門医院デンタルサロンCLASS-Aです。

矯正にはいくつか種類があり、患者さまの歯並びの状態と、ご希望を考慮して矯正方法をご提案します。
その中で歯の裏側に装置をつける「裏側矯正」があります。
矯正装置を選択する上で、装置の内容を知っておくとスムーズに装置を選択しやすくなります。
そこで今回は、裏側矯正がおすすめの方についてご紹介します。


 

【裏側矯正はどんな矯正?】


従来から広く行われている矯正方法は、歯の表側に装置をつける「表側矯正」です。
多くの歯科医院で対応しており、症例数も多く、幅広い歯並びの不正に対応しています。
ただし、歯の表面に装置をつけるため、見た目が気になってしまうことがあります。
装置の見た目に考慮して、白や透明の素材を選択できますが、装置が分かりにくい矯正をご希望の場合には、「裏側矯正」という選択肢があります。

裏側矯正は、歯の裏側に矯正装置をつけるため、見た目がほとんど分かりません。
矯正中の装置の見た目が気になってしまう方におすすめです。
また、固定式の装置なので、取り外す必要がなく、マウスピース矯正に比べて自己管理が少ないという特徴もあります。
マウスピース矯正は20〜22時間の装着が必要のため、歯磨きや食事の時間以外は装着する必要があり、自分で自己管理が必要です。
一方、裏側矯正は取り外す必要がないので、自分で管理をすることが苦手な方におすすめの方法です。
そのほかには、歯の裏側の部分には唾液腺があるので、唾液が効果的に働き、むし歯のリスクを軽減します。

 

【裏側矯正の留意点は?】


裏側矯正は、歯の裏側に装置をつけるため、表側矯正と比較すると技術力が必要です。
そのため、どの矯正歯科でも対応しているわけではありません。
また、表側矯正と比較すると、費用が高くなる傾向になります。
矯正は自由診療なので、クリニックによって費用は異なります。
矯正治療をスタートする前にきちんと費用を確認しておくと安心ですね。

 

【デンタルサロンCLASS-Aでは裏側矯正も対応しています】


当院は裏側矯正も対応していますので、装置が目立つことが気になる方はぜひ1度ご相談ください。
患者さまのご希望と歯並びを考慮して、よりよい矯正方法をご提案いたします。
デンタルサロンCLASS-Aでは、マウスピース矯正にも対応していますので、合わせてご相談ください。

投稿者: デンタルサロン CLASS-A

2024.01.18更新

開咬

こんにちは。
沖縄県那覇市久茂地ゆいレール「県庁前駅」から徒歩1分、
歯並び矯正とホワイトンング・クリーニングの専門医院デンタルサロンCLASS-Aです。

上の前歯が出ている「出っ歯」や下の歯が出ている「受け口」、ガタガタした歯並びの叢生などは、見た目で不正な歯並びと分かります。
しかし、不正の歯並びの中で、見た目では分かりにくい「開咬」という歯並びがあります。
この歯並びにもデメリットがありますが、気づかずに過ごしている方もいらっしゃいます。
そこで今回は、見た目で分かりにくい不正な歯並びの「開咬」についてご紹介します。



 

【開咬とは?】


開咬とは、奥歯でしっかり噛んでいるのに、前歯が噛み合っていない状態をいいます。
前歯は、食事をする時に食べ物をかみ切る役割をしますが、前歯が噛み合っていないため、噛みきりにくくなります。
症状が強く、長期間この状態が続くと胃腸に負担がかかってしまうことがあります。

また、奥歯で噛んでいても前歯が開いているので、空気がもれやすく、滑舌に影響を及ぼすことも。
そのほかには、前歯が開いていることで、お口の中が乾燥しやすくなってしまいます。
唾液には、汚れを洗い流す働きがあります。
しかし、前歯が開いていることで、唾液の働きが弱くなると、むし歯や歯周病のリスクが高くなります。

 

【開咬の原因】


開咬の原因は小さなころの「指しゃぶり」や「舌を前に出すくせ」などが影響する場合が多いです。
また、通常は鼻で呼吸しますが、口で呼吸をする口呼吸をすると舌が正しい位置につきにくくなります。
舌の正しい位置は上あごの少し出ている部分ですが、前歯を押しやすくなってしまいます。
口呼吸をしていると舌が下がってしまい、鼻呼吸では、鼻毛がフィルターの役割をしますが、口呼吸は細菌やウイルスをダイレクトに吸い込んでしまうため、感染症のリスクも高くなります。
また、口を閉じることで頬や唇からの圧がかかりますが、口呼吸の場合には圧がかからないため、歯並びが悪くなる可能性があります。
口呼吸は早めに改善した方がよい歯並びですが、出っ歯などで口が閉じにくく口呼吸になっている場合もあります。
その場合には、矯正が必要です。

 

【見た目には分かりにくい歯並びの不正もデンタルサロンCLASS-Aへ】


開咬は見た目にはそれほど分かりにくい歯並びの不正ですが、奥歯しか噛んでいないことで歯にも負担がかかってしまいます。
デメリットも多い歯並びなので、早めに改善することをおすすめします。
デンタルサロンCLASS-Aでは、さまざまな歯並びの不正に対応していますので、お気軽にご相談ください。

投稿者: デンタルサロン CLASS-A

2024.01.05更新

ワイヤー矯正

こんにちは。
沖縄県那覇市久茂地ゆいレール「県庁前駅」から徒歩1分、
歯並び矯正とホワイトンング・クリーニングの専門医院デンタルサロンCLASS-Aです。

ワイヤー矯正は幅広い歯並びに対応していて、歴史がある矯正方法です。
固定式のため、患者さまが管理することが少ないですが、装置に汚れが着かないように丁寧なセルフケアが必要です。
そこで今回は、ワイヤー矯正中の清掃のポイントについてご紹介します。

 

【ワイヤー矯正中の清掃のポイント】

 

ワイヤー矯正中は、装置の下の部分に汚れが残りやすいため、その部分を重点的に磨くことが大切です。
歯ブラシを当てる時は、「装置の上側」「装置の表面」「装置の下側」と3つに分けて磨きましょう。
この時、歯ブラシを大きく動かすと、細かい汚れが残ってしまうため、1〜2本ずつを目安に磨きましょう。


 

【タフトブラシを併用する】

 

タフトブラシは、毛束が1つだけの小さいブラシです。
そのため、細かな汚れを落としやすく、ブラケットの落としにくい汚れを除去する時におすすめです。
また、矯正がスタートしたばかりの時は、歯並びの悪い部分がありますが、その部分の汚れを落とす際にも有効です。


 

【デンタルフロスを併用する】

歯と歯の間は、デンタルフロスが細かい汚れを落としやすいですが、ワイヤー矯正をしていると、今まで使っていたフロスは通しにくくなります。
そのため、ワイヤー矯正の時でも使いやすい「スーパーフロス」や「矯正用のホルダータイプ」もあります。


スーパーフロス


フロスの先端が固くなっており、歯と歯の間を通しやすい形状になっています。
ワイヤー装置の部分でフロスが引っかかってしまうため、通常の糸巻タイプの場合には、下の部分が通しにくいですが、先端が固く、通しやすいので、ワイヤー矯正の下の部分の汚れを落とすことができます。


矯正用のホルダータイプ


ホルダータイプは、取っ手がついているため、歯と歯の間に入れやすく、初心者の方でもやりやすい形です。
通常のホルダータイプの場合、装置に引っ掛かってしまいますが、矯正用のホルダータイプの場合には、柄の部分が片方だけ細くなっているため、ワイヤー矯正の装置がついている時でも通すことができます。

 

 

【ワイヤー矯正中のセルフケアもデンタルサロンCLASS-Aへ】


ワイヤー矯正中は、装置に汚れが着きやすいので、丁寧なセルフケアが大切です。
歯ブラシだけでは落とし切れない汚れは、「タフトブラシ」や「デンタルフロス」を併用しましょう。
また、患者さまのお口に合わせて、ワイヤー矯正中のセルフケア方法もお伝えができますので、お気軽にご相談ください。

投稿者: デンタルサロン CLASS-A

2023.12.28更新

矯正歯科


こんにちは。
沖縄県那覇市久茂地ゆいレール「県庁前駅」から徒歩1分、
歯並び矯正とホワイトンング・クリーニングの専門医院デンタルサロンCLASS-Aです。

噛み合わせのバランスが悪いと顎関節症になってしまったり、肩こりや頭痛を引き起こしてしまったりすることもあります。
そのため、噛み合わせのバランスを保つことは大切です。
そこで今回は、噛み合わせのバランスを保つためにできることについてお話させていただきます。

 

【よい噛み合わせのバランスって?】

 

一部だけ強く当たることがなく、奥歯も前歯も均等に噛んでいると、噛み合わせのバランスがよい状態です。
また、左右の顎のバランスもずれがなく、均等に噛んでいる状態です。
どこか強く当たっているところがあると、歯や顎の関節違和感が出やすく噛み合わせのバランスが崩れてしまいます。
歯には1本1本役割があるので、バランスよく均等に噛んでいることが理想的です。


 

【噛み合わせのバランスを保つためにできること】


正しい姿勢をする


猫背の姿勢を長時間続けていると、ゆがみが生じることで噛み合わせのバランスにも悪影響がある場合があります。
特にパソコンで長時間仕事をしている方は前傾姿勢になりやすく、噛み合わせのバランスが崩れてしまいやすくなります。
正しい姿勢を心がけて噛み合わせのバランスを保ちましょう。


しっかり噛んで食事をする


しっかり咀嚼をすると、口周りの筋力が鍛えられるため、歯の安定につながりやすくなります。
消化にもよい効果がありますので、1くちにつき30回程度を目安に噛むことをおすすめします。



 

【噛み合わせのバランスが崩れている場合には】

 

噛み合わせのバランスを整えるためには、歯並びを矯正することをおすすめします。
歯並びが整うと、見た目の審美性もきれいになりますし、歯ブラシが当たりやすくなるのでセルフケアがしやすくなります。
そのため、むし歯や歯周病のリスクを軽減します。
また、噛み合わせのバランスが整うと一部の歯に負担がかかることなく、ほかの歯の寿命を長持ちさせることにもつながり、お口の健康維持や予防効果が期待できます。



 

【噛み合わせのご相談はデンタルサロンCLASS-Aまで】

 

見た目で分かる歯並びと違って、噛み合わせが自分では気づきにくい場合があります。
ただし、そのまま放置していると、噛み合わせだけでなく、 様々なゆがみにつながってしまうことがあるため、早めに改善することが大切です。
デンタルサロンCLASS-Aでは、歯並びだけでなく、噛み合わせのバランスを整える矯正を行っておりますので、お気軽にご相談ください。

投稿者: デンタルサロン CLASS-A

2023.12.20更新

矯正歯科の後戻り

こんにちは。
沖縄県那覇市久茂地ゆいレール「県庁前駅」から徒歩1分、
歯並び矯正とホワイトンング・クリーニングの専門医院デンタルサロンCLASS-Aです。

親知らずは、生え方によっては歯並びに影響を与えることがあるため、親知らずがある場合には、矯正治療をする際には抜歯が必要か検討されます。
そこで今回は、後戻りしないために親知らずはどうしたらよいかについてお話させていただきます。

 

【生え方によっては抜歯が検討される】

 

親知らずは18歳前後に生えてくることが多く、永久歯の最後に生えてくるため、スペースが足りないことも少なくありません。
そのため、斜めに生えたり、歯ぐきの中で埋まっていたりする場合もあります。

その場合には、きちんと噛み合っていないため、歯をしての役割を果たしていないだけでなく、手前の歯を押してしまい、歯並びが悪くなってしまう可能性があります。

そのため、矯正治療をする際には、きちんと噛み合わせておらず、歯並びが悪くなる可能性がある親知らずは抜歯が検討されます。

お口の中の状況を確認して、しっかりと噛みあっていて、歯並びにも悪影響がないと判断した場合には、親知らずを抜歯することはありません。

 

【矯正の際に親知らずを抜歯するメリット】


むし歯になりにくい


親知らずは、前から数えて8番目の歯なので、歯ブラシの毛先が届きにくく、きちんと生えていないことも多いため、むし歯や歯周病のリスクが高い歯です。
矯正で抜歯をすると、ケアしにくい親知らずがないので、むし歯や歯周病のリスクを軽減できます。


矯正の後戻りのリスクを軽減できる


矯正中は問題ない場合でも、矯正が終わった後に親知らずは歯並びに悪影響を及ぼすことがあります。
矯正前に抜歯をしておくと、親知らずが影響を及ぼすことがなく、矯正後の後戻りのリスクを軽減することが可能です。


歯を並べるスペースを確保しやすい


歯並びが乱れている方は、歯が並ぶスペースが足りずに歯並びが悪くなっていることが多いです。
スペースが足りない場合には、4番目の歯を抜歯することが多いですが、マウスピース矯正では、奥歯の後ろに歯を動かすことができます。
その場合、親知らずがないと、その分歯が動きやすく、歯を並べるスペースを確保しやすくなります。


 

【歯並びの矯正ならデンタルサロンCLASS-Aまで】

 

親知らずは必ず抜歯が必要なわけではありませんが、歯並びに悪影響がある場合や後戻りの可能性がある時には、抜歯が検討されます。
その理由をご相談させていただいた上で、患者さまに納得してもらってから治療をスタートしますので、ご安心ください。矯正に関して気になることはデンタルサロンCLASS-Aまでお気軽にご相談くださいね。

投稿者: デンタルサロン CLASS-A

2023.12.10更新

矯正歯科の費用

こんにちは。
沖縄県那覇市久茂地ゆいレール「県庁前駅」から徒歩1分、
歯並び矯正とホワイトンング・クリーニングの専門医院デンタルサロンCLASS-Aです。

矯正治療は自由診療なので、矯正歯科医院ごとに費用が異なります。
また、費用の表記方法もさまざまなので、患者さまにとっても分からないこともあるのではないでしょうか。
費用のことは治療前に解決しておくと安心ですね。
そこで今回は、矯正費用の内訳についてお話させていただきます。

 

【矯正費用の内訳とは?】

 矯正の費用で掛かる費用はいくつか項目がありますので、ご紹介します。


初診の相談費用


カウンセリングで患者さまのお悩みをお伺いして、お口の中を確認させていただきます。
どのような矯正方法があるかなどお話させていただきます。

 

精密検査の費用


矯正方法はいくつかありますが、重度の歯並びの不正など、歯並びによっては適用にならない矯正方法もあります。
そのため、詳しい精密検査をさせていただき、レントゲン撮影、お口の型取り、噛み合わせのバランスの確認などをします。
その上で、どのような治療方法が可能で、治療期間はどの程度かかるかなどをお話します。
治療費用の目安についてもお話させていただきます。

 

矯正治療の基本料金


全体的に矯正をするか、部分的に矯正をするか、上下どちらかだけ矯正をするかによって基本費用が異なります。

 

オプション

審美ブラケットやワイヤーをご希望の方はオプションをつけることができます。
また、裏側矯正やマウスピース矯正もオプションで選択が可能です。

 

処置料

矯正治療は、定期的に装置の調整をします。
特にワイヤー矯正は1ヶ月に1度程度の頻度で通院していただくことが多いです。
その際に処置料が必要になります。
行う処置によって費用は異なりますが、1,000〜5,000円程度の費用がかかります。

 

 

【歯並びをきれいにしたい方はデンタルサロンCLASS-Aへ】


歯並びをきれいにしたいと思っていても、矯正中の費用が気になって躊躇している方もぜひ1度ご相談ください。

現金だけでなく、クレジットカード払いやデンタルローンなどを使用して歯並びをきれいにすることができます。かみ合わせの不具合に関する矯正の場合には、確定申告をすると医療費控除の対象になることがありますので、費用を抑えたい方におすすめです。

当院では、いくつかの矯正方法に対応しておりますので、患者さまのお口の状態とご希望を考慮して矯正方法をご提案させていただきますので、ぜひ1度お問合せください。   

投稿者: デンタルサロン CLASS-A

2023.11.30更新

部分矯正

こんにちは。
沖縄県那覇市久茂地ゆいレール「県庁前駅」から徒歩1分、
歯並び矯正とホワイトンング・クリーニングの専門医院デンタルサロンCLASS-Aです。

「前歯の気になる部分だけ治したい……。」
部分的に矯正する部分矯正は、治療期間が短く、費用を抑えられる傾向になり人気の矯正です。
ただし、歯並びによっては適用にならない場合がありますので、部分矯正ができない場合についてご紹介します。

 

【部分矯正ができない場合】

 

骨格の問題がある歯並びの場合


重度の出っ歯や受け口は、骨格性の問題がある場合があります。
骨格のバランスの大きな問題がある場合には、歯列を整えるだけでは難しいことがあり、外科手術を併用した治療が検討されることもあります。

ただし、歯並びは個人差があり、検査をしてみないと外科手術を伴う矯正治療が必要かどうかは確認が難しくなります。

 

かみ合わせの不正を伴っている場合


部分矯正は気になる一部分が適用になるため、噛み合わせも含む治療が必要な場合には全体矯正が必要になります。
そのため、部分矯正は前歯の一部分だけ治したい場合に適用になることが多いです。

 

歯のデコボコが大きい場合


歯のデコボコ大きい場合は、歯を並べるスペースが足りずに抜歯が必要なケースが多くなります。
部分矯正の場合には、スペースが限られてしまうため、歯のデコボコが多い場合には全額矯正が適用になります。

 

【部分矯正の治療法】

 

部分矯正は全額矯正と同様に3種類の治療法があります。
ワイヤー矯正の「表側矯正」「裏側矯正」「マウスピース矯正」から治療を選択することができます。

ワイヤー矯正は、ブラケットという装置をつけてワイヤーを通して、適切な力をかけて歯を動かす方法です。
取り外す必要がないため、矯正装置の自己管理が不要になります。
装置が目立ちやすい点がありましたが、白や透明の装置が出て矯正中の見た目が改善されています。
裏側矯正は、装置がほとんど見えないため、矯正中の見た目が気になる方におすすめの方法です。

マウスピース矯正は、患者さまのお口に合わせてマウスピースを作製し、段階的に形の違うマウスピースを交換して歯並びを整える方法です。
矯正中の見た目が分かりにくい方法ですが、20〜22時間の装着が必要で自己管理が必要です。

 

【歯並びが気になる方はデンタルサロンCLASS-Aへ】


部分矯正が対応になるかは、歯並びの状態によって異なります。
歯並びが気になる方はぜひ1度カウンセリングでお悩みをお聞かせください。
当院では、お口の状況に合わせてよりよい方法をご提案いたします。

投稿者: デンタルサロン CLASS-A

2023.11.06更新


八重歯と犬歯

こんにちは。
沖縄県那覇市久茂地ゆいレール「県庁前駅」から徒歩1分、
歯並び矯正とホワイトンング・クリーニングの専門医院デンタルサロンCLASS-Aです。

八重歯と犬歯は似ているようですが、八重歯は不正な歯並びです。
そこで今回は八重歯と犬歯の違いについて詳しくご紹介します。


 

【八重歯と犬歯の違いとは】


犬歯は、前から3番目の歯で糸切り歯と呼ばれることもあります。

八重歯も同じ場所の歯ですが、歯並びがデコボコして前に出ています。

かみ合わせのバランスが崩れてしまうこともあるため、治療が必要な歯並びですが、日本ではチャーミングな印象を受ける場合があります。

しかし、欧米ではドラキュラを連想させる歯並びとして、マイナスなイメージが強い歯並びです。
お口に関心が高い欧米では、歯並びがよいことはステイタスと考えられており、矯正に積極的です。
そのため、八重歯も積極的に治療をする傾向になります。

 

【犬歯が八重歯になる原因とは?】


日本人は顎が小さい方が多い傾向になり、歯が生えてくるスペースが足りないことも少なくありません。
また、歯の本数が多い過剰歯の場合にも歯が重なりあうため、八重歯の可能性があります。

また、顎の成長は永久歯の生え揃う12歳くらいまで発達しますが、お子さんの時期にやわらかい物ばかり食べる習慣がついていると、顎の発達が促されず、八重歯になってしまう場合があります。

 

【八重歯を放置すると?】


歯並びは自然に整うことはほとんどなく、矯正治療が必要です。
八重歯を放置すると、歯が重なり合っていることが多いため、その部分に汚れが残りやすくなり、むし歯や歯周病のリスクが高まります。

また、八重歯はかみ合っていないことも多く、かみ合わせのバランスが崩れてしまい、特定の歯に負担がかかってしまうこともあります。

また、八重歯は口が閉じにくくなりやすく、口呼吸の傾向になります。
口呼吸はお口が乾燥しやすく、口臭にもつながりやすくなってしまいます。
そのほかには感染症のリスクも高くなってしまうため、鼻呼吸しやすいように歯並びを整えることをおすすめします。

 

【歯並びの矯正はデンタルサロンCLASS-Aへ】


当院では、八重歯の方の矯正治療も行っています。
不正な歯並びに関するご質問はお気軽にご相談ください。
患者さまのご希望と歯並びを考慮してよりよい矯正方法をご提案いたしますので、ぜひ1度カウンセリングにお越しください。

投稿者: デンタルサロン CLASS-A

2023.10.31更新

癖

こんにちは。
沖縄県那覇市久茂地ゆいレール「県庁前駅」から徒歩1分、
歯並び矯正とホワイトンング・クリーニングの専門医院デンタルサロンCLASS-Aです。

矯正治療が順調に進むためには、歯並びが悪くなるくせを改善することが大切です。
悪習癖は歯並びを悪くするだけでなく、矯正治療が順調に進まなかったり、後戻りをしてしまったりする原因になってしまうことも。
悪い習慣を改善してスムーズに矯正治療を行い、後戻りをしにくい環境にしていきましょう。

 

【舌を前に出すくせ】


舌で前歯を押すくせや食べ物を飲み込む時に舌を出すくせがあると、歯が少しずつ前に出てきたり、前歯がかみ合わない「開咬」になったりする場合があります。
舌で前歯を押すくせは、舌が正しい位置についていないことが多いため、上あごの少し出ている部分につけるようにしましょう。
食事の際に飲み込むくせは、意識することで改善しやすくなります。


・頬杖


頻繁に頬杖をすることで、頬から力がかかるため、顔のゆがみや歯並びの不正につながりやすくなってしまいます。
噛み合わせのバランスが崩れてしまうこともあるため、頬杖をつくのは止めましょう。

 

・爪かみ


爪かみのくせは、前歯に力がかかるため、出っ歯になりやすい悪習慣です。
また、衛生的にも感染症のリスクを高めてしまうため、改善しましょう。

 

・口呼吸


通常は、鼻で呼吸する鼻呼吸が正しいのですが、アレルギー性鼻炎の方や歯並びが悪い方は口で呼吸する口呼吸の傾向になります。
口で呼吸をしていると、唇の圧がかからなくなってしまい、さらに歯並びが悪くなってしまいます。
また、お口の中が乾燥するため、むし歯や歯周病のリスクを高めてしまいます。
口呼吸はすぐに改善した方がよい悪習慣ですが、歯並びの不正で口が閉じにくい場合には、矯正治療が必要です。
また、アレルギー性鼻炎の方は耳鼻科を受診して鼻で呼吸しやすいように治療をしましょう。

これらの悪習慣は歯並びを悪くするだけでなく、矯正治療が遅れてしまう原因にもなってしまいます。すぐに改善をして矯正治療がスムーズに進むようにしましょう。

 

【矯正治療をお考えの方はデンタルサロンCLASS-Aへ】


当院では歯並びの不正を整える矯正を行っています。
口が閉じにくい、悪習慣が改善しにくいなどのお悩みはお気軽にご相談ください。
カウンセリングでは、患者さまのお口の環境をお伺いし、よりよい矯正方法のご提案をさせていただきます。
患者さまに寄り添った治療に努めていますので、気になることはお気軽にお問合せください。

投稿者: デンタルサロン CLASS-A

2023.10.09更新

大人の歯並び

こんにちは。
沖縄県那覇市久茂地ゆいレール「県庁前駅」から徒歩1分、
歯並び矯正とホワイトンング・クリーニングの専門医院デンタルサロンCLASS-Aです。

乳歯から永久歯への生え変わりが終わるのは12歳前後です。
ただし、永久歯が生え揃った歯並びがそのまま続くわけではなく、お口の環境や習慣などで少しずつ変化します。
そこで今回は、大人になっても歯並びが変化する理由についてお話させていただきます。

 

【治療が必要な歯を放置している】


むし歯の途中で仮詰めになっている段階で長い時間放置していると、空いたスペースを埋めようと左右の歯が動いてしまうことがあります。
また、大きく歯を削っている場合には、かみ合わせの歯が伸びてきてしまうことも考えられます。
痛みが無くなっても、神経の治療を途中で放置すると、歯並びに悪影響を及ぼしたり、治療中の歯の感染が広がってしまったりする場合があります。
自己判断で治療を中断せず、最後まできちんと治療をすることが大切です。

 

【親知らずが関係している】


親知らずは、永久歯の最後に生えてくる歯のため、スペースが少なく、真っすぐ生えずに斜めや真横になってしまうことも少なくありません。
そうすると、生えてくる時に手前の歯を押してしまい、少しずつ歯並びが変わってしまうことがあります。
親知らずはきちんとかみ合わせていれば、必ずしも抜歯をする必要がありませんが、多くはきちんと生えることができません。
また、汚れも残りやすいため、腫れや痛みを繰り返したり、歯並びに悪影響を及ぼしたりすることもあります。
その場合、お口の中のトラブルになるため、抜歯が検討されます。

 

【歯周病が進行している】


成人の7割以上の方が患っている歯周病は、お口の中の汚れの中の細菌が原因で発症します。
身近な疾患ですが、自覚症状が少なくいつの間にか進行してしまうことも少なくありません。
歯周病が進行すると、あごの骨を溶かしてしまい、歯がグラグラしてしまうこともあります。
そうすると、歯並びのバランスが崩れてしまい、少しずつ歯並びやかみ合わせに影響を及ぼしてしまうことも。
歯磨きした時に出血する、歯ぐきが腫れる、口臭が強くなったなど歯周病の症状が気になる方は早めに治療を開始しましょう。

 

【大人になってから歯並びが気になったらデンタルサロンCLASS-Aへ】


歯並びが変わると、かみ合わせのバランスが崩れてしまい、お口の中だけでなく、肩こりや頭痛などを引き起こすことがあります。
大人になってからも、歯並びは少しずつ変化しますので、歯並びが気になりましたら当院へご相談ください。

投稿者: デンタルサロン CLASS-A

前へ
  • ネット予約はこちらから
  • デンタルサロンCLASS-A BLOG