CLASS-A BLOG

2024.06.20更新

こんにちは

沖縄県那覇市久茂地ゆいレール「県庁前駅」から徒歩1分、

歯並び矯正とホワイトニング、クリーニングの専門医院

デンタルサロンCLASS-A歯科衛生士の下地です

息子も、年中になり毎日元気に保育園に行ってくれてます

保育園では、年2回歯科検診があるのですが、

やっぱりドキドキしちゃいますね (わたしが)

毎日、きちんと仕上げ磨きはしていますが、

検診の1週間まえからいつも以上に気合いが入ってます 笑

小さい時は、歯磨き嫌がってたの息子も今はまずは自分で磨いてくれます

そして、私がオヤツを食べてたらママ歯磨きしなさいとも言ってきます

息子氏、人には、厳しい所があり、ポリスとも呼ばれています 笑

さて、今年の検診結果はどうだったかな?楽しみです( ´艸`)

 

パンケーキ 歯科衛生士 歯科検診 

 

.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+ .。.:*・゚+.。.:*・゚

 

那覇市久茂地の歯並び矯正、ホワイトニングとクリーニング・ヤニ取りは専門医院

 

デンタルサロンCLASS-Aにお任せください

 

TEL 098-862-0455

 

.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+ .。.:*・゚+.。.:*・゚

 

投稿者: デンタルサロン CLASS-A

2024.05.31更新

歯周病と矯正歯科

こんにちは。
沖縄県那覇市久茂地ゆいレール「県庁前駅」から徒歩1分、
歯並び矯正とホワイトニング・クリーニング専門の【デンタルサロンCLASS-A】です。

歯並びの悪さと歯周病には関係があります。
歯周病は身近な疾患ですが、歯を失う原因第1位のこわい疾患です。
そこで今回は、歯並びが悪いと歯周病のリスクが高くなるかについてご紹介します。

 

【歯周病はどんな病気?】

 

歯周病は、磨き残しの中にひそんでいる歯周病菌が増殖して、歯ぐきに炎症を引き起こします。
初期の段階では、歯ぐきの腫れや歯ブラシが当たると出血する程度ですが、進行すると歯を支えている顎の骨を溶かしてしまいます。
顎の骨が減ってしまうと、歯がグラグラしたり、抜け落ちてしまったりする可能性もあります。

歯周病は、歯を失う原因第1位のため、歯周病を予防しないと、お口の健康を維持することは難しくなります。


 

【歯並びの悪さと歯周病のリスクとは?】

歯並びが悪いと、歯が重なり合っている所の汚れが残りやすくなってしまいます。
また、その部分は、歯ブラシが当たりにくく、セルフケアもしにくい状態です。
そのため、歯並びが悪いと、歯周病のリスクが高くなります。


 

【歯並びを改善するためには?】

歯並びが自然に整うことは考えにくいため、歯並びの悪さが気になる場合には、「矯正治療」が必要です。
矯正治療をすると、多くのメリットがあります。


1 よく噛んで食べられるようになる


噛み合わせのバランスが整うと、しっかり噛んで食べられるようになります。


2 顎関節の負担が軽減する


歯が全ての歯がバランスよく噛みあうことで、均衡を保っています。
一部分に強く当たると顎は歯に負担がかかってしまい、顎関節症になる可能性があります。
矯正をして、噛み合わせのバランスが整うと、顎関節の負担が軽減します。


3 審美的に自信が持てる


口元はお顔の中の印象を大きく左右すると考えられています。
歯並びの悪さは、見た目を気にしてしまい、笑った時に手で口を覆ってしまうこともあります。
矯正で歯並びが整うと、審美的に自信が持てるようになります。

 

 

歯並びの矯正をご希望の方はデンタルサロンCLASS-Aへ


歯並びの改善には、矯正治療が必要です。
【デンタルサロンCLASS-A】では、ワイヤー矯正、マウスピース矯正、インプラント矯正などの選択肢があります。
患者さまのご希望と歯並びを考慮した上でよりよい治療をご提案いたします。
矯正治療をご希望の方はお気軽に【デンタルサロンCLASS-A】へご相談ください。

投稿者: デンタルサロン CLASS-A

2024.05.20更新

歯並び

こんにちは。
沖縄県那覇市久茂地ゆいレール「県庁前駅」から徒歩1分、
歯並び矯正とホワイトニング・クリーニング専門の【デンタルサロンCLASS-A】です。

マウスピース矯正をする際には、治療計画のシュミレーションを動画で見ることができます。
歯並びが動く過程の予想を見ることができるため、治療のイメージがわきやすいです。
そこで今回は、クリンチェックでできることについてご紹介します。

クリンチェックとは?



クリンチェックとは、インビザラインの治療計画を立てる時に使用するシュミュレーションソフトのことをいいます。

マウスピース矯正をする時には、お口の中をスキャンして、治療計画を立案します。
その時に、歯並びがどのように動いていくかクリンチェックでシュミュレーションを見ることができます。
このシュミュレーションでは、マウスピースの枚数やアタッチメントの個数や位置なども決定します。

動画で歯が動いていく過程を確認ができるため、患者さまのモチベーションアップにもつながりやすくなります。

クリンチェックの流れ



インビザラインの治療がスタートする前に行われます。

1 カウンセリング


患者さまの歯並びのお悩みがご希望をご相談いたします。
また、患者さまに適用になる矯正方法の種類のご説明も致します。

2 精密検査


レントゲン撮影や口腔内撮影を行い、必要な情報を精密検査します。
また、お口の中をスキャンしたり、型取りをしたりする場合もあります。

3 治療計画立案


精密検査の情報を元にクリンチェックのソフトで、治療計画を立案します。
アライナーの枚数や歯の動き、必要な装置なども検討します。

4 シュミュレーション


治療計画を立案したら、パソコン上でシミュレーションを確認できます。
マウスピースの枚数を元に、治療期間の予想なども確認することが可能です。
患者さまの直接動画を見ていただきながら、治療のイメージを共有していただきます。

5 マウスピースの発注・製作


患者さまと治療計画の確認が終わって、納得して頂いてからマウスピースの発注をします。
マウスピースが届いたら、マウスピースの装着方法や注意事項を確認して、マウスピース矯正をスタートします。

マウスピース矯正のご質問もデンタルサロンCLASS-Aへ



マウスピース矯正がスタートする前にカウンセリングや治療計画のご説明で今後の治療の過程をお話させていただきます。
クリンチェックでシミュレーションを見ると、画像で治療の予想が確認できるので、治療のイメージがつかみやすくなります。
マウスピース矯正のご質問も【デンタルサロンCLASS-A】へお気軽にご相談ください。

投稿者: デンタルサロン CLASS-A

2024.05.06更新

矯正歯科


こんにちは。
沖縄県那覇市久茂地ゆいレール「県庁前駅」から徒歩1分、
歯並び矯正とホワイトニング・クリーニングの専門医院【デンタルサロンCLASS-A】です。

矯正治療中でもポイントを抑えていれば旅行を楽しむことができます。
そこで今回は、矯正中に旅行に行く際に気をつけることについてご紹介します。

 

ワイヤー矯正の場合

ブラケットの装置がついている場合には、装置が外れてしまうと旅行中楽しめないため、ブラケットの破損につながるような食べ物は注意しましょう。

キャラメルやもち

キャラメルやもちなどの粘着性のある食べ物は、装置につきやすく外れにくい食材です。
無理に取ろうとして、装置が外れてしまうと旅行中ですぐに修理もできませんし、治療計画が遅れてしまうケースもあります。


フランスパンやせんべい


フランスパンやせんべいなどの固い物も、装置に力がかかりやすく、装置が外れてしまう可能性があります。
これらも、旅行中などすぐに修理できない時は控えていただくと安心です。

 

マウスピース矯正の場合


マウスピース矯正は、毎日20~22時間の装着が必要です。
旅行中もその時間装着することが必要ですが、旅行中は食事や食べ先でご当地の物を食べる機会などもあるでしょう。
その時、外したマウスピースが紛失してしまうと、その後の期間はマウスピースがつけられなくなってしまいます。

そのようなことを防ぐために、旅行の際には、「1つ前のマウスピース」を持参するようにしましょう。
紛失しないことが一番良いのですが、旅先ではいつもと環境も違い、紛失してしまうことも考えられます。

その時の対処法としてあらかじめ持参しておくと良いでしょう。

 

旅行に持っていくおすすめアイテム

 

1 携帯用歯ブラシ


すぐに歯磨きがしやすいように、携帯用の歯ブラシを持っていくと良いですね。
普段から携帯しておくと、食後スムーズに歯磨きがしやすくなります。

2 矯正用ワックス


いつもと環境が変わって口内炎ができる場合もあります。
その場合には矯正用ワックスで保護しましょう。

3 キシリトールのガム


キシリトールはむし歯予防の効果が期待できますし、ガムを噛むことで唾液が分泌しやすくなります。

 

矯正中の気になるご質問はデンタルサロンCLASS-Aへ

旅行中は、すぐに矯正歯科に行くことができないため、旅行を楽しむためにも装置に負担がかかることは控えていただくと安心ですね。

また、マウスピース矯正の場合には、予備のマウスピースを持っていくと安心です。
デンタルサロンCLASS-Aでは矯正中の気になるご質問も患者さまに合わせて、お答えすることができますので、お気軽にご相談ください。

投稿者: デンタルサロン CLASS-A

2024.04.29更新

矯正中の口臭

こんにちは。
沖縄県那覇市久茂地ゆいレール「県庁前駅」から徒歩1分、
歯並び矯正とホワイトニング・クリーニングの専門医院【デンタルサロンCLASS-A】です。

朝起きた時などお口のにおいが気になることはありませんか?
寝ている時は、お口が乾燥しやすいため、一時的な口臭は歯磨きなどで改善されます。
矯正をしている時も口臭がする場合がありますので、対処法も合わせてご紹介します。

矯正中の口臭の3つの原因とは?


1 磨き残しがある


お口の中に汚れが残っていると、細菌が繁殖して口臭の原因になります。
矯正装置の種類によっては、装置の間に汚れが残りやすく、丁寧なブラッシングが必要です。

対処法
歯ブラシだけでは、ケアが十分に行き届かない場合には、細かい部分の汚れもピンポイントに当てることができる「タフトブラシ」がおすすめです。
1束だけになっているため、装置の間の汚れも落としやすくなります。

また、ワイヤー矯正をしている時もできるフロスもあります。
歯磨きの仕方やデンタルグッズ選びに迷った時は、患者さまのお口に合わせた物をご提案しますので、お気軽にご相談ください。

2 お口の中が乾燥している


歯並びの状況によっては、お口が閉じにくく、乾燥しやすい場合があります。
唾液には、汚れや細菌を洗い流す働きがありますので、お口の中が潤った状態が理想的です。

対処法
お口の中が乾燥していると感じたら、こまめに水分を取るようにしましょう。
また、歯並びが不正の方は、口呼吸の方もいるため、お口がきちんと閉じているかも確認しましょう。
キシリトールのガムをかむことも唾液の分泌を促す効果が期待できるため、おすすめです。

3 口内炎ができている


装置が新しく入った時など、口内炎ができる場合があります。
その際の炎症などで口臭を引き起こすことがあります。

対処法
矯正の装置が粘膜に当たらないように、歯科用のワックスをつけて保護する方法があります。
装置が当たって口内炎ができている時には、ワックスを使用しましょう。

矯正中に口臭が気になったらデンタルサロンCLASS-Aへ



歯並びが整っている方でも口臭が気になることはありますが、矯正中は装置に汚れがついてしまって口臭の原因になる場合があります。
ケア方法など、定期的に通院していただいている時にお伝えしますが、毎日のセルフケアやデンタルグッズで気になることがありましたら、お気軽にご相談ください。

 

投稿者: デンタルサロン CLASS-A

2024.04.24更新

こんにちは。院長の平良です。

子供の頃、皆さんはどんな習い事を習っていましたか?私はありがたいことにいろいろなものに挑戦させてもらっていました。そのなかでもピアノはすごく好きな習い事の一つでした。小学生のときは一日何時間も練習してコンクールに出てそこで入賞したときには、音大に行って、ピアニストになりたいなぁなんて単純に思っていました。しかし中学(琉球大学教育学部附属中学校)に入学すると一人のお友達と出会い、その子のピアノを聴いたときに衝撃を受け、私のレベルなんかではとてもピアにストにはなれないなぁと、ピアニストの夢は早々諦めて医師を目指す道に方向転換させてくれたお友達がいます(笑)。

彼女とは、中学時代に知り合い高校も大学もまったく違う別の世界に進みましたが今でもお互いを高めあえる友人の一人です。
宮里恵さんです。
大学卒業後、ニューヨークに留学してスキルを磨きしばらくは沖縄を離れていましたが、最近では沖縄での活動も活発に行っているみたいです。
音大や音高を目指す方がいらっしゃいましたらぜひ彼女のレッスンを受けてみてはいかがでしょうか。
ハイアットリージェンシー沖縄のバーでも生演奏聴けますよー
私がハイアットにサプライズで訪れたときには中学時代に大好きだったドリカムの名曲を弾いてくれて感動でしたー

 

大人のピアノ

投稿者: デンタルサロン CLASS-A

2024.04.10更新

歯並び

こんにちは。
沖縄県那覇市久茂地ゆいレール「県庁前駅」から徒歩1分、
歯並び矯正とホワイトニング・クリーニングの専門医院【デンタルサロンCLASS-A】です。

「歯並びがガタガタしている……。」
不正な歯並びは見た目が気になりがちですが、機能的にも問題があります。
そのまま放置していると歯の寿命に影響を及ぼしてしまうこともあるため、その理由をご紹介します。

歯を失う原因の多くは「むし歯」と「歯周病」



歯を失う原因の第1位と2位がむし歯と歯周病です。
どちらも汚れの中にひそんでいる細菌が悪影響を及ぼすため、予防するためには、お口の中に汚れを残さないことが重要です。

ただし、歯並びが悪いと歯が重なり合っていたりして、汚れが残りやすい環境になります。
さらに、歯ブラシやデンタルグッズでは汚れが落としにくいため、むし歯や歯周病のリスクが高くなります。

毎日のセルフケアが十分に行えないと、汚れが残ってしまい、むし歯や歯周病で歯を失う可能性が高くなります。

8020運動と歯並びの関係性とは



8020運動とは、80歳まで20本以上の歯を残そうという運動です。
一般的に親知らずを除いた歯の本数は28本なので、多くの歯が残っている状態です。
この運動が始まった1989年には、10%以下という低い結果でしたが、予防の意識が高まっている中で、2016年の検査結果では、75〜84歳までの方の約半数の方が達成しているというデータがあります。

その中で、この80歳までに20本の歯を維持できた方の約8割が正しい噛み合わせというデータがあります。
これは、歯並びや噛み合わせと歯の寿命が関係していることを示しています。

歯並びは見た目が気になる方が少なくありませんが、機能的な面が改善することで、お口の中の環境を大幅に改善されます。

その中で、毎日のセルフケアがしやすいことは、汚れを落としやすくして、むし歯や歯周病のリスクを軽減して、歯を守ることにつながります。

不正な歯並びが気になっている方はデンタルサロンCLASS-Aへ



歯並びの見た目だけでなく、噛み合わせや磨きにくさを感じている方も歯並びを改善した方が良い可能性があります。
大切な歯をいつまでも使い続けるために、歯並びを改善してお口の環境を整えましょう。
見た目も改善されて、機能面でもメリットが多いため、不正な歯並びの改善はさまざまなメリットがあります。
まずは、歯並びについての疑問やご質問でもお気軽にご相談ください。

 

投稿者: デンタルサロン CLASS-A

2024.04.02更新

歯並び

こんにちは。
沖縄県那覇市久茂地ゆいレール「県庁前駅」から徒歩1分、
歯並び矯正とホワイトニング・クリーニングの専門医院【デンタルサロンCLASS-A】です。

歯並びが整ってくると、歯の色が気になる方もいるのではないでしょうか?
矯正中でもホワイトニングができる場合とできない場合があります。
そこで今回は、矯正中にホワイトニングができるかお話させていただきます。

条件が揃えば裏側矯正はホワイトニングが可能



ホワイトニングをする際には、歯の表面全体に薬剤を塗布できる必要があります。
そのため、装置がついている時はホワイトニングを控えて、矯正が終わった後に行います。

ただし、歯の裏側に矯正装置をつける「裏側矯正」はホワイトニングが可能です。
これは、装置が裏側についているため、歯の表面にホワイトニングジェルを塗布することができるためです。

裏側矯正でホワイトニングをする際には、「CLASS-Aホワイトニング」が適用になります。
これは、裏側に装置がついているため、ホームホワイトニングのマウスピースが引っかかってしまうため、ホームホワイトニングは適用になりません。

裏側矯正で、CLASS-Aホワイトニングの条件の場合には、矯正中でもホワイトニングは可能です。

しかし、見えている部分の歯が大幅に重なっている場合には、薬剤が塗布できないため、その部分が白くならないです。
そのため、歯の重なりが改善されてからのホワイトニングをおすすめします。

アタッチメントがついていない場合はマウスピース矯正も可能



マウスピース矯正をしている方は、歯の表面に樹脂のパーツの「アタッチメント」がつくことがあります。
これは、歯の細かい矯正力をかける大切なパーツです。
アタッチメントは必ず付くわけではないため、アタッチメントがついていない場合には、マウスピースは取り外しが可能なため、ホワイトニングが可能です。
この場合、ホームホワイトニングもCLASS-Aホワイトニングもどちらも対応ができます。

歯を白くしたい方はデンタルサロンCLASS-Aへ



矯正中も、条件が揃うことでホワイトニングが可能です。
また、ほかの矯正治療をしている場合も、装置が外れた段階で、ホームホワイトニングもCLASS-Aホワイトニングも行うことができます。
デンタルサロンCLASS-Aでは、ホームホワイトニングとCLASS-Aホワイトニングのどちらも対応しています。
さらに、早く白くしたい方には、パーフェクトホワイトニングコースもご用意しています。
歯並びを整える矯正だけでなく、歯を白くしたい方もデンタルサロンCLASS-Aへお気軽にご相談ください。

 

投稿者: デンタルサロン CLASS-A

2024.03.28更新

切端咬合


こんにちは。
沖縄県那覇市久茂地ゆいレール「県庁前駅」から徒歩1分、
歯並び矯正とホワイトンング・クリーニングの専門医院デンタルサロンCLASS-Aです。

歯並びが悪いというと、ガタガタした歯並びをイメージしやすいですが、歯列に歯が並んでいても、歯並びが悪い場合があります。
聞きなれないかもしれませんが、噛み合わせの不具合など、「切端咬合」はデメリットが多いので、今回は切端咬合についてご紹介します。

 

【切端咬合って何?】

正しい歯並びは、上の歯が下の歯を覆っている状態ですが、切端咬合の場合には上下の前歯がぴったり合っています。
また、下の歯や顎の方が前に出ている「受け口」と間違えられることもあり、受け口の改善を希望している方の噛み合わせが切端咬合だったということもあります。

見た目だけでなく、機能的にさまざまなデメリットのある歯並びで歯や顎に負担をかけてしまうので、改善した方がよい歯並びです。

 

【切端咬合のデメリット】



歯に負担がかかる

切端咬合は、前歯で噛み合わせているので、歯の先端に力がかかります
前歯の構造は、根元の方が太く、先端になるにつれて薄くなります。
前歯の先端に比べて、通常、噛む部分のエナメル質の方が厚いので、切端咬合は歯に負担がかかり、欠けたり割れたりするリスクの高い歯並びです。



噛む力の低下


前歯で噛んでいると、奥歯の噛み合わせが悪いのでしっかり噛めていない状態になります。
その状態が継続して続くと、消化にも影響を及ぼして、胃腸にも負担がかかってしまいます。


顎関節症のリスク


奥歯でしっかり噛めていないことは、無理な位置で噛むことにつながります。
そうすると、歯だけでなく、顎の顎関節にも負担がかかります。
口を開けると音が鳴る、口が開きにくい、食事をする時に顎が痛いなどの症状が出たら顎関節症の可能性があります。
顎関節症が悪化すると、関節が変形してしまい、外科手術が必要になることもあるため、症状がある方は早めに対処しましょう。

 

【切端咬合の治療もデンタルサロンCLASS-Aへ】

 

前歯で噛み合わせる切端咬合は、認知度は低いかもしれませんが、歯や顎に負担をかけてしまう歯並びです。
大切な歯をいつまでも健康な状態で維持するためにも、歯並びと噛み合わせのバランスを整えましょう。
デンタルサロンCLASS-Aでは、切端咬合の治療も行っていますので、お気軽にお問合せください。

投稿者: デンタルサロン CLASS-A

2024.03.21更新

インプラント矯正


こんにちは。
沖縄県那覇市久茂地ゆいレール「県庁前駅」から徒歩1分、
歯並び矯正とホワイトンング・クリーニングの専門医院デンタルサロンCLASS-Aです。

歯を失った時に行うインプラントとは異なり、矯正でも歯を移動しやすくする「インプラント矯正」があります。
インプラント矯正には、いくつかメリットもありますので、ご紹介します。

 

【歯を移動しやすくするインプラント矯正とは?】

歯を失った時に行うインプラントとは異なり、インプラント矯正とは「ねじ」のようなアンカースクリューを固定源にして、歯を動かす方法です。
通常のワイヤー矯正の場合には、奥歯を固定源にするため、移動できる範囲が限られています。
一方、インプラント矯正の場合には、さまざまな場所にねじを埋め込むことができるので、多様な治療方法をデザインすることができます。
そのため、効率よく治療を行うことができ、抜歯の可能性も軽減します。

 

【インプラント矯正のメリットとは?】



動かしたい歯を移動ができる

一般的なワイヤー矯正は、奥歯と前歯に力をかけ合って、歯を動かしています。
一方、インプラント矯正の場合には、動かしたい部分にだけアプローチをして歯を動かすことができるため、効率的に治療を進めることが可能です。


従来抜歯していた歯の可能性が軽減する


従来のワイヤー矯正の場合、一番奥の歯より奥には、歯を動かすことができませんでした。
インプラント矯正の場合には、今ある奥歯より後ろに歯を動かすことができるため、歯を移動するスペースを確保しやすくなります。

そのため、歯並びの状況によりますが、従来では抜歯をしていた症例でも抜歯をする可能性が軽減します。
※スペースが足りないと判断した場合や抜歯をした方が、仕上がりがキレイになると診断された場合には抜歯の可能性もあります。


治療期間を短縮できる


従来の矯正治療に比べて、動かしたい歯にダイレクトに力を伝えることができるため、治療を効率的に行うことができ、治療期間を短縮することにつながります。

 

【矯正治療をご希望の方はデンタルサロンCLASS-Aへ】

 

どの治療にもメリット・デメリットがあります。
デンタルサロンCLASS-Aでは、患者さまのご希望とお口の状況に応じてよりよい治療方法をご提案いたします。
一般的なワイヤー矯正だけでなく、裏側矯正、インプラント矯正、マウスピース矯正も含めてご提案できますので、患者さまに合った矯正方法を見つけていただけます。
また、ホワイトニングやクリーニングなどにも力を入れていますので、お気軽にご相談ください。

投稿者: デンタルサロン CLASS-A

前へ

SEARCH

  • ネット予約はこちらから
  • デンタルサロンCLASS-A BLOG